友達付き合いが必要なのが今のセフレ

友達付き合いが必要なのが今のセフレ

セフレとの付き合い、というと何となくイメージ的にセックスだけして終わったらさよなら、というような関係を想像する人も少なくはないと思います。

確かに、そういう割り切ったセックスだけの関係のセフレというのも居ることには居るのですが、実は昨今のセフレ事情を鑑みるとこういう関係は寧ろ稀なのです。

昨今ではどちらかというと、友達付き合いの延長でセックスも楽しむというような深い関係のセフレの方が多いんです。

セフレとの今風の付き合い方

セフレと今風の付き合い方

今は、友達関係を築きながらセックスもするというセックスフレンドという言葉にある意味で一番相応しい付き合い方が時代的にポピュラーになってきています。

だから、ただセックスをするだけというようなドライな付き合い方は寧ろ、セフレとしての関係としてそれほど好まれる物ではなくなってきているのです。

だから、セフレをこれから作ろうと考えている人は、風俗的な使い方や性処理的な付き合い方をすればいいんだ、という風な間違ったイメージを持っている場合、その考え方を改めるといいでしょう。

気持ちよくセックスを満足するためには、ある程度仲良く付き合っていける関係性の方がいいというわけです。

具体的なセフレとの付き合い方

具体的なセフレとの付き合い方

言ってみれば、セックスをする時に約束をして会ったら即セックスに行くのではなく、軽く食事をしたり一緒に遊びに行ったりデートを楽しんでからホテルや自宅に行ってセックスをするというのが好ましいのです。

実際、出会い系サイトなどを利用して初めて会う人ともいきなりホテルに行ったりするよりも、居酒屋などを挟んで食事とお酒を楽しんでからホテルに行くという方がセフレとしての関係が長続きしやすいですからね。

だから、セフレとの付き合いというのは実はセックスオンリーよりもデートこみのセックスをありにした方が結果的にずっと関係は続きやすいですし、セックスその物の満足度も高くなりやすいんです。

だから、セフレと会う時は必ずどこかしらにいったん食事につれて行ってからというデートコースを考えておくといいでしょう。

セフレとのデートコースについて

セフレとのデートコースについて

しかし、あくまでセフレは恋人ではないので恋人にするような気を遣いすぎるような場所に行く必要はありません。

かと言ってジャンクフードや、ファミレスなんかではあまりにも手抜き過ぎるのでそこもアウトです。

理想的なのは、程よいダイニングバーや個室ありの居酒屋などでしょうね。

昨今は、カップル用の居酒屋も増えてきていますので割とデートコースとしても申し分ない場所だと思います。

相手が自分がお酒が飲めなかったとしても、ダイニングバーや個室居酒屋は料理なども揃っているし、リーズナブルにいろいろと食べることができるので、お財布的にも結構優しいのではないでしょうか。

また、あくまでセフレとのデートコースはセックスに持ちこむための準備段階のようなものですからね。

セックス

恋人にするように、男性が奢りでというようなことをする必要はありません。

基本的に、セフレとの食事代やホテル代は割り勘にしても問題ありません。

寧ろ、そこで奢りにしなきゃいけないというような考え方を持っている女性は、割とはずれ確率が高いので1回セックスしたらフェードアウトした方がいいかもしれません。

あくまで、セフレという関係は男女ともに平等な目線で付き合う事が理想ですから、どちらか片方だけが負担をするような関係はあまり望ましくはないと言えるでしょう。

デートや、食事を一緒に楽しむのもお互いが気持ちよくセックスをするための事なので、そこで男性か女性かどちらかが優位になるようなことは必要ありません。

そういう意味でも気楽に付き合える友達というイメージがぴったりですね。

セフレについて

関連記事:
セフレを脱却して本命の彼女になる方法まとめ。
親戚の熟女とセフレ関係になってしまった流れ